スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささの木とスノーボード

10月に入ったと思ったらもう下旬。一般人のスキーシーズンは上旬で終了したのですが、カードローナスキー場は今年は雪が多く残っているおかげでハーフパイプを整備して、各国のナショナルチームを迎えています。日本チームも二週間ほど前、「また来ました」と戻っていらっしゃって、練習後のご飯を食べていかれます。我が日本の他にアメリカ、スペイン、ポーランド、カナダ、オーストラリア、そしてバハマ等々ワールドカップで戦い、来年のバンクーバーオリンピックでメダルを目指して頑張っている世界ののツワモノ達。お名前を出したら、「すっげ~」となるような実績のある選手達です。日本チームの方々については私よりも日本の方々の方が詳しいと思いますし、著作権の問題も絡むのでここでは控えたいと思います。でも日本人としてオリンピックで是非頑張ってもらいたいですね~。

【チームささの木】として応援したい人達は日本チームだけではありません。今日触れたいのはカナダチームです。カナダは私もタケも生活をした事のある国。その経験のせいもあるのでしょうが、カナダ人の人の良さを強く感じます。来年地元バンクーバーで行われるオリンピックでカナダ代表となり、その先のメダル獲得にしっかりと目標を据えているカナダ選手二人、ケイティとライアンからブログに掲載しても良いという許可をもらいましたのでここでご案内申し上げます。

ライアンはオーストリアの血を引くカナディアンで、最初に話し始めたときは日本にワールドカップのツアーか何かで行って覚えたカタコトジャパニーズだとタカを括っていたのですが、ライアンの日本語はかなりスゴイのが判明 何と高校時代に一年間立命館高校に一年留学をしていたのだそうです。その後も数ヶ月日本でスノーボードをしていたとか。一昨日の夜に飲みに行ったのですが、よくそんな日本語を使えるなぁと感心することもしばしば。日本では海外に一年間でも居れば語学ができるようになると誤解されている節があるようですが、留学したからといって自動的に外国語ができるようになる訳ではありません。ましてやあのレベルとなるとかなりの勉強とセンスを要します。そんな鋭いセンスを持っているからスノーボードでも今のレベルにまで達しているんだろうなぁとひたすら感心するばかり。

ケイティの名字はツユキです。彼女のおじいちゃんがカナダに移住した日系3世。彼女がスノーボードを始めたのは何と18歳の時。この短い期間にカナダのナショナルチームにまで昇り詰めるとは、どれだけの決意と努力が要ったのでしょう。ケイティ、恐るべし ちなみにケイティの日本語名は【しず】なんだって。オリンピックやワールドカップで見てたら「しずちゃ~ん」って応援してあげて下さいませ。彼女のウエブ(http://www.ktathletics.com/)もチェックしてみて下さい。_dsc0038adj.jpg
やっぱり日系となると余計応援したくなります。

私はスノーボードをしないので今まではハーフパイプという競技に興味がありませんでしたが、今年からはそれに注目する理由ができました。特に日本チームとカナダチームは要チェックです。がんばれぇ~

突然今年からハーフパイプに注目し始めた宿  http://www.sasanoki.co.nz
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

新潟に住む私の甥っ子二人は
プロスノーボーダーになるのが夢です

夢がかなってニュージーランドに行くことがあれば
ぜひ応援してくださいね

ikari さんへ

お待ちしていますよ~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。