スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪がピンチ

私は火が好きです。 だから暖炉は数年前の建築基準方の改定後の今では許可されないサイズのデカイのを付けました。冬となれば多少暖かな日でも暖炉はつけます。だって冬だもん。(注: 超巨大というモノではありません。http://www.sasanoki.co.nz/facilities.html 参照)

暖かいのが心地よいのと火を見ていると落ち着くので、つい必要以上に薪を燃やしがちとなってしまい、気が付いたらもう殆んどにゃい いっかぁ~んと急いで友人の薪ディーラーに電話をしたが、すぐに行くよと言ってくれてから一週間以上が経過・・・。薪のストックは更に下がり、気が気でない日が続く。しつこく電話をして、そしてとうとう到着 昨日配達されました。でも完全に乾いているのは取り敢えずはこれだけ


薪がピンチだ


当面は凌げるが8月はたくさんのゲストがいらして薪を更に消費するので、明日から乾いた薪を求めて奔走します。

薪は通常冬に入ってから購入すると需要に供給が間に合わず、最悪湿って良く燃えない薪が配達されることが多いです。だから夏の間にたくさん仕入れておけば乾燥した薪を目の前に安心して冬に入れるのです。今年もそうしたんだけど、なぜか例年よりも無くなるのは超早いような気がするのは何故? シーズン前はこれの3~4倍はあったのだけど、一体どこに行ったのだろう?

それはそうと昨日の薪積み上げのせいか、今日は腰が痛い・・・



でも絶対にワインと薪は必要なだけ確保しますから、暖炉で暖まりたい方、日本未入荷のNZワインを飲みたい方は安心してお越し下さいね。
ささの木HP:http://www.sasanoki.co.nz
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

暖炉、いいなぁ。
生の火の前でNZワイン、憧れだぁ!
早く現実にしなければ。

田中先生へ

今晩も暖炉前で気を失い、さっき蘇生しました。妻に何と言われようとワインと暖炉は麻薬のようなもので、やめられません。
プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。