スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風雲たけし城

あの番組、かなり好きでした。 海外でも知られていているようで、カナダ時代にも現地で放映されていたのを見た記憶があるし(しかも日本語だったような気がする)、こっちの葡萄畑で一緒に作業をしたドイツ人も絶賛していました。あのセットで遊びたい・・・そんな密かな思いを持ったものです。

この前の日曜日に娘のれのんと二人でワナカのビッグバウンスという施設に遊びに行って来ました。そこは子供を対象にした空気で膨らませた遊戯設備がいくつかある場所です。れのんは以前行った事があり、かなり楽しんできた様子。話を聞いてみたら何だか楽しそう 現場に着くとれのんはそそくさと遊びに走ります。
IMG_1038_convert_20090218181613.jpg娘だけでいいかと最初は思ったのですが、スタッフ曰く大人も一緒に遊んだほうが子供も楽しめるとの事。そりゃあそうだ。ならば 一緒に遊ばない手はない

IMG_1044_convert_20090218182240.jpg
はバンジーランという名前のもので、バンジージャンプの水平版と云ったところでしょうか。前に走れども後ろに引っ張るゴムの抵抗があるので、引きずり戻されます。大人のエクササイズにもいいかも。

はNZのお祭り事で必ずといって良いほど出現する空気入れ滑り台。実はいつかやってみたいと思ってたんだよね。れのんの後をついて上ると、結構怖ぇ~ 斜度も結構なもんじゃん。
IMG_1046_convert_20090218182950.jpgIMG_1047_convert_20090218183601.jpg

でも、ここで純粋な子供心(いや、馬鹿なオヤジ心か)がムズムズと・・・。この滑り台には頭から滑っちゃダメ!(DO NOT SLIDE DOWN HEAD FIRST! と大文字で)大きく書いてあるのに、このオヤジは娘とは別のレーンにいる事をいいことに、更にはこんな施設なのに他に人が居ない事もあり、いっちゃえーと当然頭から滑りました。楽しかったけど、すみませんでしたぁ。 代償は肘と足の甲のヤケドです。やっぱりダメと書いてあったらダメなんだとちょっとだけ反省。

他にいくつか数えるだけの物はあるのですが、興味を持ったのはコレ
IMG_1051_convert_20090218185406.jpgIMG_1052_convert_20090218185827.jpg
何となく思い出の風雲たけし城と重なるものがある。でも、「コレをするにはスタッフに声をかけて」と一筆が・・・。興味はあるけど一時間弱も遊んだからもういいよな なんてオヤジの声に出さない想いをスタッフが感じたのか、或いはスタッフが本当に暇だったのか、「やってみたいですか」と女神の様な声かけがありました。

「イエス、プリーズ」と即答するおっさん。ワクワクとカゴの中に入り、イスのシートベルトをかけ、両足を固定するとブログのために写真を一枚 見苦しい足でごめんなさいな。
IMG_1053_convert_20090218190903.jpgIMG_1054_convert_20090218191508.jpg
あとは大人らしく目標を目指して舵を取りながら、ヒャッホーを連発してピンに突入 よくタイミングを外す娘も空気を察してこれは外しちゃいかんと思ったのか、突入時の画像を押さえてくれました。よくやった

日本の感覚だと規模が小さいこの施設。日本の感覚で言ったら農地や土地以外この国の殆んどがそうなります。でも、小さい故に素朴さが残っているのも明らかな事実。今週末もまた娘をダシにまた行っちゃうかもね。そんなワナカなのでありました。

「だからワナカに来てごらんなさいな」と静かに主張する宿  http://www.sasanoki.co.nz



スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

師匠。まだまだ若いですわ・・・。レノンさんはいくつになられたんですか?私のことを覚えていないだろうなあ。

純粋に楽しんでるささの木さん・・いいな~~v-238

確かにこちらはそういう体を使って遊ぶ施設なんてないですよ。それも大人が童心にかえるような・・。
あ、でもTDLがあったねv-10


娘がパパの後ろを追いかけるのは小学校までだと良く言われてますが・・うちの長女は今年中学校ですが・・まだまだパパの金魚のフンですね。今が一番ふれあえる時かも~~~v-8
頑張れ~~

 とても楽しそうですね(^O^) 
 ワナカに行ったら、ぜひ立ち寄って遊びたいですね~! 
一つ楽しみが増えましたよ。

 懐かしいですね!たけし城!
今から二十数年前に日本のTVで流行でしたね。
ワナカへ行って体感したいです!

あの~

皆さん、スタンダードに温度差があるのは確実ですからあんまり期待しちゃダメですよ。でも何歳になっても楽しいモノは楽しいと素直に表現する事が許される風潮は周りの目がある日本に希薄かもね。この国は羊の目はたくさんあるけど、羊はチクリを入れたりしないから。v-8

娘には好きな事を見つけてそれを一生懸命する人間になって欲しいと願っています。v-290
プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。