スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリアの山火事

今年の夏の天候が変てこな様子はこの前お伝えしました。2月になれば夏が来るだろうと希望を抱いてきましたが、やぁ~っぱりおかしい。とにかく湿気があるんです。そうかと思えばここ三日間は寒い。そいでその前はかなりの強風。その上今日は雨・・・。どうなってるうんだろうね。

この前の日曜日(2月8日)の天気は朝から曇りでした。雲が太陽を覆って、黄色っぽい空だったのです。それで湿気があって、何かハルマゲドンでもやってきそうな異様な雰囲気を醸し出していました。あとで聞いたところ、それはお隣の国オーストラリアのビクトリア州の山火事の煙がワナカの空も覆っていたとの事。こわ~

NZとオーストラリアの関係はとても深く、その大惨事振りは連日大きく報道されています。当局は放火の疑いもあると見て調べているとか。その放火という言葉が故意のものを意味するのか、或いはタバコの吸殻のポイ捨て等不注意も意味するのか定かでありませんが、そんな議論に発展するほどの惨状のようです。NZにとってオーストラリアは兄弟のようなもの。死者200人超とも伝えられるなか、早速ボランティアや消防隊員が援助に駆けつけています。ワナカで暑い暑いと異常気象を訴えていましたが、その温度は30度にも満たない。先週のメルボルン近く(だったかな)では47℃に達したらしくその熱波が今回の要因の一つであるのは確かでしょうが、原因はともあれ一日も早い鎮火が望まれます。それからでいいから、夏よ早く来て お願いします。

今回の山火事で亡くなられた方々のご冥福を祈ります。



スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

コアラ

動画サイトで、メスのコアラが救出されたニュースがアップされてました。
消防隊員の手にお手をしながらペットボトルのお水を飲んでいる映像は微笑ましかったです。が、周囲は焼けこげており、惨状が伝わってきます。

不注意から招いた結果でも、故意に招いた結果でもコトの重大さをしっかりと受け止めて欲しいですね。

コアラさんへ

煙で空が黄色かった理由を聞いた時、その凄まじさを痛感しました。

放火の定義はやはり英語でも故意のもののようです。容疑者を逮捕し、取調べが行われている模様。

やけどコアラも可愛そうだけど、それが原因でパートナーが現われたそうです。やけどコアラを守るべく、寄り添ってるらしいよ。うらやましい・・・v-10

プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。