スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NZの電球あれこれ

先日天井から何かが落ちてきました。何が落下したと思います?





IMG_0678_convert_20081020171348.jpg



「ハクション大魔王」の魔法のつぼ或いはアルコールランプを彷彿とさせるこの物体は電球です。カメラに収めようと何度やってもピントがあわずにボケまくりでごめんなさい。 苦し紛れに北海道のまりもっこりをかけてそこにピントを合わせてみてもダメ。見づらいとは思いますが、上のアルコールランプのひもに当たる部分(まりもっこりのひもをかけたネックの部分)が露出しています。本来はここにはランプをソケットにねじり込むためのスクリューが付いていますが、そのスクリューは天井備え付けのソケットに残ったままきれいにに分離した下の部分が重力に従って落ちてきたと言うもの。割れなくて良かったよ、マジで

実はこのような事態は今回が初めてではありません。記憶にあるだけでも過去12年で4、5回あります。最初はNZに来たばかりの時です。日本では経験した事がなかったので結構ビビッた、と言うか「こんな事ってあっていいの」みたいな感じでした。その上にこちらの電球はよく切れます。本当によく切れます。家中の電球は切れたのを取替えるとお約束の様に次に別のが切れます。それでキーウイの同僚に「何でNZの電球はこんなによく切れるんだ。会社はもっとよい電球を作ろうとしないのか?」と聞いたところ、「切れないものを作ったら電球を作っている会社の仕事がなくなるだろ」との答え。なるほど と当時は絶対に思いませんでしたが、最近は何となく理解出来なくもない自分がいます 彼らは彼らなりに努力しているんだよなぁ~と。

NZの電球には上記のようなスクリュータイプと押し込んでからねじるタイプがあります。後者のタイプを日本で見た事がなかった私は、初めての電球交換で四苦八苦 電球を回しても全然ソケットに入っていかないのです。おかしいなぁとソケットをなぞっていたら、ビビビビ~ッのショック 感電です しかも日本の100VではなくNZは240Vのド迫力 マジでビックリのビリビリ感覚でした。

今回の落下によって、次はソケットに残ったスクリューを外さないと新しい電球を取り付けられません。感電を恐れながらも私はそこに挑まねばなりません。皆さん、電球交換は呉々も気をつけましょうね。

感電オヤジの宿  http://www.sasanoki.co.nz

スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

ダハハ(^O^)

いやぁ、ウケてしまいました娘たちに「パソコン見ながら大ウケしてるよ、ママ…」とかなり冷静にいい放たれてしまったんですけど
きっと色んなハプニングやご苦労(苦労だなんて思ってないか)があって今の生活なのでしょうけれど、そういう事もみんなひっくるめて心底楽しんでいらっしゃる事に羨ましさを覚えます

えくぼさんへ

感電は怖いけど、NZの空気がないものねだりで不平を言うよりある物で楽しもうという発想にさせてくれるんだと思います。苦労がないかと言えばウソになるけど、プラスとマイナスを相殺しても十分にプラスの生活ですよ。ワインは美味しいしv-272i-281 人生は楽しまないと損ですv-221

電球交換お疲れ様です。
いゃ~、良い勉強になりました。日本と全く違うんですね~。
ボルト数が違うから、気をつけないとダメですね・・・。
それと、感電にも!

電圧が高いので感電には要注意です。ホントにビリビリ来ますからご注意下さい。
プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。