スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Picnic Chardonnay by Two Paddocks

先月同ラベルのピノノワールについて書きましたが、今回はサムニール氏らしいエピソードを持つとても爽やかなシャルドネについてです。

カリフォルニア産等程自己顕示をしないながらも、ほど良い酸味とフルーティなアロマでNZワインの醍醐味が表現されているピクニックのシャルドネは実はもう生産されていません。ワイナリーにも我家のセラーにもなくなりました。美味しいからこの前で全部飲んじゃった そんなに美味しいのなら何故毎年造らないのか 畑で頑張って育ってもっと美味しいワインになる可能性のある別の葡萄品種があると判断されたのでしょうし、美味しいシャルドネが沢山出回っていて他との差別化が難しいのもあるでしょう。セントラルオタゴ地方はピノノワールで有名ですが、最近はリーズリングの可能性が大きく叫ばれています。リーズリングは甘いだけと誤って認知されている感がありますが、ところがどっこい リーズリングについては別の機会でご案内することにします。

ピクニック・シャルドネは2004年と2005年ビンテージに渡って造られただけです。初ビンテージの2004年モノは単純にピクニックではなく「Socialist Chardonnay(社会主義者のシャルドネ)」と言う名前が付けられていました。その名前は、クイーンズタウンの開発をめぐる意見の対立の中、当時の町長ウォーレン・クーパー氏が開発反対を主唱するサム・ニール氏を指して「シャルドネ社会主義者(ワイン好き社会主義者)」と呼んだ事に由縁します。サム・ニール氏は自分のシャルドネに皮肉でそこから名前を付け、クーパー氏にこのワイン1ケースをプレゼントし、対立は一段落を見ました。ワインは平和に貢献するんですね ワインってやっぱりステキです。

そこに詠われていたラベルとメッセージはとてもサムニールらしいものでした。

chard-label-new.jpgpicnic-chard-04.jpg

世の労働者たちよ - 乾杯だ!
君達が失うものなど喉の渇き以外には無い!
立ち上がれ!
この素晴らしいシャルドネのグラスを持ち上げろ!
パーティ(政党の意)万歳!
君達のパーティ(これは宴の意)万歳!


しかし、北朝鮮のミサイルや核の脅威にさらされている日本の身になってみると単純に笑えるものではなく、この皮肉が本当に理解されるのは金正日がNZワインを口にしてからになるのかも・・・・。

NZワインが世界平和に貢献すると信じる宿  http://www.sasanoki.co.nz
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。いつも「ささの木」のHPを見ていますが更新されたことが無くワナカの話題が見たいなと思っていました。しばらくぶりに見てみたらブログが始まっていました。これが面白い。前にさかのぼってみればボクの好きなワインの話題もある。で、質問です。ピクニックの輸出を将来考えているようですが金額はどのくらいになるのでしょうか。自分のれすとらんでも使ってみたいなと思います。現在は山梨産とチリ産を使っています。教えてください。

葉見井貞二様へ

こんにちは。葉見井貞二さんの様な方がいらっしゃるとはつい知らずに怠惰をして申し訳ございませんでした。現実には私はアナログ人間でインターネットには完全に遅れてしまっているんです。ですからHPも当然丸投げで、これに自分が直接絡めるなんて考えも及ばなかったんです。

レストランをご自身でやっていらっしゃるのですね。店(特に自分の店となれば尚更です)でワインの存在は決して小さくないのは自分の経験から理解しております。その辺も含めてワインの件については別メールにてご連絡させて頂きたいと存じます。お名前からするとかなりワインがお好きなようですね。

この度は私どもを見つけて下さり誠にありがとうございました。
プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。