スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のワイナリー巡り

行って来ましたよ~。 ワインも景色も美味しい秋のひと時、B&Bのお客様で長野からお越しのM様が行かれるというので私も連れて行ってもらうことになりました。Japanese Kitchen Sasanoki を開けてからというもの、どうも身も心も疲れるようになりまして、ワイナリーにお邪魔する機会が一気に減ってしまいました。  そうは言いながらも時々足を伸ばしたりしたことはあったのですが、それをブログでアップすることもなく「ワイン離れ」とご質問を受けたこともございましたが、モチロンそんなバカな事はありません。ワインによって私は蘇ったのですから ただ体力がないので今作業中の収穫作業に行くことは控え、私は飲む側に専念です。

さて、最初に行ったのが我が家からワナカ湖の対岸にあるリッポンです。畑の後ろの湖にたたずむ、この小さなルビーアイランドが何とも言えないアクセントになってます。
IMG_8011.jpg

何度かこのブログでも触れていますが、ここは二代目のニックがバーガンディでの修行を終えて2004年に戻ってきてから、オーガニック、そしてバイオダイナミック農法を取り入れてぶどうの栽培に取り組んでいます。自然の力を極力ブドウに還元するという農法らしく、月の動きを見てその日の作業を行ったりします。彼の人柄が大きく貢献し、以前よりもリッポンの評価は高くなったような気がします。彼はスキーがかなりのレベルでNZ代表チームにも入っていた位なんですよ。そこにテイスティングルームとリッポンホールというコンサートや結婚式も行える建物が数年前に出来上がりました。以前は畑作業スタッフの休憩部屋だった小屋をテイスティングルームにしていたのですが、今はこんな様子です。
IMG_8013.jpg

その後、ワナカの街のサンデーマーケット(クラフト市)に立ち寄ってから、バノックバーンというクロムウエルの奥にあるエリアへ向かいました。目的はランチと黄葉の景色です。
IMG_8025.jpg
今回選んだのはマウントディフィカルティという名のワイナリーで、フェルトンロードという道沿いにあり、このようなクロムウエル盆地が見渡せます。収穫作業も黄葉も真っ盛りです。ランチで選んだのはピノグリでした。アロマに酸味と甘味が絡みつき、飽きが来ない仕上がりになってます。ここには三種類の違った仕上げのピノグリがあり、今回はドライなエステート産とオフドライ仕上げのローリングメグブランドを堪能しました。M様、ランチご馳走様でした。
IMG_8026.jpg

帰りは豪快に黄色くなっているポプラ並木がある裏道を通ってきましたが、様子はこのとおり。心が癒されます。
IMG_8029.jpg

こんな具合にワナカの美しい秋は更けてゆくのでした。葉っぱが落ちてしまう前に、どうぞワナカへお急ぎください。ワインを飲みながらお待ちしております。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。