スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望は捨てない

クライストチャーチの地震から5日が経ち、現実が明らかになりつつあるようです。笑顔を取り戻せるニュースがある一方、心が引き裂かれるような現実も耳にします。被災した人々は余震を避け、シャワーを浴びられる生活をするため、子供たちを学校に通わせるため、多くがクライストチャーチの南に避難しているようです。ワナカの学校も無条件で被災した子供達の受け入れを表明し、私の友人もワナカに戻ってきています。彼女が勤める銀行は大聖堂広場のすぐ傍で、地震の様子を話してくれた彼女からはまだ精神的なダメージが残っている印象を受けました。大聖堂といえばクライストチャーチのシンボルですが、今回の地震で尖塔が崩れてしまいました。

惨状を無責任に煽るつもりは全くありませんがこれ現実のようで、言葉が出てきません。
Cathedral before

今ではまるで戦場の廃墟のようです。とてもニュージーランドとは思えません。
Cathedral after

このような現状ですが、ワナカではクライストチャーチのあるカンタベリー地方の色である赤と黒を街頭に飾り支援を表明しています。また、娘の通う学校では生徒が中心となり被災地への募金活動の一環として赤と黒の服を着て金曜日登校しました。新聞社とも提携していたようで上空からの写真が新聞に掲載されていました。娘はハートの部分のどこかにいるらしいです。
I love Chrsitchurch

I love CHristchurch. We love Christchurch. 一日も早い復興を期待せざるを得ません。またお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。今なお行方不明者となっている方々のうち一人でも多くが救出されますように。奇跡が起きますように。

スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホントに、日本でも、同じくニュースでのトップはかわりありません。
ラグビーの人たちが募金を集めていること、コンビにでも募金活動が始まりました!
ほんと人事に思えないと感じています。

No title

北海道でも毎日、NZのニュースが一番に流れています。被災された方、まだ行方が分からない方一人でも助かってほしいです。私には何も出来ませんが本当に祈るだけです。微力ながらどうにかしてでも力になりたいです。

はじめまして、昔 (1997)ワナカのゴルフコースロードにあるブリジット(当時クイーンズタウン副知事)の家に住みながら街を上がった所の学校にいました。

ボンタイさんへ

オーガニックレタスを作ってたブリジット家ですか? そういえば最近見てないなぁ。今度足を運んでみます。97年のワナカって素敵でしたでしょ? あれから風雨にさらされながらもあの魅力は残っています。また遊びに来てくださいね。
プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。