スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げっ、月末だぁ~!

あ~あ、気がついたら新年が明け今日で一月も終わりじゃん。 危うく更新なしの月になるところでした。最近は店の事(今後の方向性)と家の事(違法建築疑惑)とで他の何事にも集中できない状態なのです。いつかお伝えできる段階になったらお伝えしますね。その時には笑ってられると思うんだけど、今はそれどころじゃないんですよ。 今はってやつです。このモヤモヤがいつまで続くのやら・・・。トホホホ。。。モヤモヤした状態ではありますが、今日の新聞には嬉しい記事が掲載されてました。2010年11月までの一年間の統計によるとワナカはNZ人観光客の伸びが国内で一番大きかったらしい。なんと40%も前年比で伸びたとか! あちこち他の観光地が前年割れだというのにワナカはどうしたんでしょうかね? ワナカって何に大きなパワーを発揮してるとか分かりづらいですが、

迷わず来いよ。来ればわかるさ。

くらししか言えないなぁ。来た人だけが得するかもよ。

話は飛びますが、今日両替に銀行へ行った際の話。釣り銭をもらってきて数えてたら、足りないじゃんか 大きな違いではないのですが、銀行なんだからこれくらいは大丈夫とかそんな理屈は成り立たないでしょ。 昔も銀行にチップ箱に貯まった小銭を両替に行ったときの話。店のスタッフに小銭を数えてもらってコイン毎に袋に分けて入れたのですが、カウンター越しの銀行員は中身を確認せずに両替をしてくれた事がありました。「見れば大体わかる」って言ってたっけ。。。でも銀行が大体でいいのか 

昔会社勤めだった頃、ショップのレジが合わない事がよくあり問題になりました。でもお金を盗んでいるとかそんな人達でないのは感じるし見ていてもそんな気配もない。根本的な問題はレジが合わなくても仕方ないとでも思っている気質にありました。その背景には大らかな国民性があるわけです。日本の銀行では¥1が合わないからという理由で勘定があうまでは全員帰れないと聞いたことがあります。でもそんな事をこちらでしたら居残りをさせているスタッフの人件費がかさみ、合わない不足分の額どころじゃない経費が発生します。それなら過不足分は笑って過ごそうじゃないかというある意味合理的な発想になります。でも、超過だから良い、不足だから良くないとかそんな事ではなくて、意識がないと合うものも合わなくなってくると思うんだよね~。そんな大らかさが今の私の問題の一つの裏にあるわけで、この感覚の違いというものは私が周りからもキーウイだと言われるようになった今でも存在しています。会計士と国税庁との計算で違いがあっても、「許容範囲」内ならば問題にならないのも事実。また、今は1セントコインは存在していませんが、店の値段のつけ方は99セントとかある訳で、最低単位の5セント以下の扱いにはもちろん企業ごとのルールはあるのでしょうが、それらが遵守されないと想像するのは決して難しくありません。そうなるとレジが合わなくなるのは必至。まあ、国からしてもそんな姿勢だから仕方ありません。仕方ないも何もそこに問題を見出さないわけですから、そんな事を考える人間に問題ありと見るのかもね。

2011年になってもそんなNZの国民気質は変わらないはず。どっちが悪い悪くないと心配するよりも、危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ

先月のブログで触れましたが、NZの不動産が値上がりしたとはいえあのような物件も存在するのです。しかもキャピタルゲインは非課税というこの国の税制。一軒どうですか


大変遅くなりましたが、本年も宜しくお願い申し上げます。
ささの木
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。