スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月8日

12月8日はジョン・レノンの命日です。凶弾に倒れたのが1980年。私は高校一年生でした(年齢がはっきり分かるよね~)が、その年にリリースされた久々の新作「ダブルファンタジー」に大感激していた最中だったのでショックはかなりのものでした。あのアルバム発売に先だってラジオで最初に聞いたのは Watching the Wheels という曲で、当時のLPのB面の一曲目(今の時代はA面とかB面とかないよね 更におっさん度がアップじゃん)に収録されているのですが、あのイントロを聞いた途端全身に鳥肌がたちました。高校の寮で就寝時間を過ぎているにも拘らず、懐中電灯を灯して聞き入ってました。ジョン・レノンの死に当たりかなり落ち込む私を寮の先輩や同級生も心配してくれてましたね。当時の皆様、ありがとうございました。

世界各地では Imagine や Give Peace a Chance とかが鳴り響いているとは思いますが、私はここでちょっと横道にそれますことをお許し下さい。

先週娘の小学校の学芸会があり、娘もクラスに混じってステージで唄を歌ったり踊ったりしたようですが、残念ながら私は店が休めず行けませんでした。子供達が歌った曲の中にビートルズの「Help!」があったらしく、練習中の娘は音を外しながらも頻繁に口ずさんでおりました。その歌詞を改めて耳にして彼らのセンスの良さを再認識せざるを得ません。しかもこのアルバムが発売されたのが1965年、つまりジョン・レノンは若干25歳であり、その年齢にしてこんな歌詞とメロディーを生み出していたんですね。やっぱり天才なんでしょう。

Help me if you can, I'm feeling down.
And I do appreciate you being around.
Help me to get my feet back on the ground.

との行の韻の踏み方や歌詞の内容の素晴らしさを娘に教えられた週でした。そんな天才を支えた奥さんがオノ・ヨーコという日本人である事は日本人女性の懐の深さの証明ではないでしょうか。ねえ、日本の皆様

                         150px-Lennon_Ono_Trudeau_1969_c.jpg


以前同様音楽のアップロードの仕方が分かりませんのでお許し下さい。


スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

私はその頃幼稚園生(嘘)でしたが、覚えていますよ、そのニュース。

娘さんの学芸会いけなかったんですねー、残念!
でも、娘さんキチンと練習してたなんてエライ!
うちの息子はうちで練習せずに本番に臨み、半分口パクでした。

奥様もバレエの発表会があるとか。よろしくお伝えくださいね。

その日はよ~く覚えてます。
速報が出たんだもの。私は中学2年生だったな。
近所の幼なじみの男の子の影響で、部屋でいつも聞いてたんですよね~。たしかアルバムも持っていたんですけど、どこ行っちゃったのかな?

そっか~高校1年だったんですね。あ、当たり前かv-16


お嬢さんの学芸会は残念でしたね。
聞いてみたいな~、お嬢さんの歌。

最近、主人の「ビートルズ熱」が復活して、古いアルバムから音源を取って、仕事の行き帰りとかドライブに流す様になりました。

私は「hey jude」が事有る毎に口をついてでてくるんですけどね。

学芸会かぁ♪

確かに、部屋に貼ってあったあのビートルズの白黒のポスター?!(確かそんな風に記憶してますが…ι)が、未だに私の頭の片隅に焼き付いていますです(笑)
まだ貼ってあるのかな?!
娘ちゃん、学芸会お疲れさ~ん♪♪♪
ウチの二番目イモジは(笑)『おむすびころりん』のじい様役で頑張りました!!
アヤツが主役とは…
先生もずいぶんとチャレンジャーだな(@_@)

同年の私は、笑いながら、うなずいて~懐かしんでました。
私もここの所、ビートルズかマイケルv-266聞いて鳥肌たててウルウルしてたとこ。
ほんと天才!天才は早く神さまの元に帰っちゃうのかな?
天才を支えた日本人女性v-236
今は、いるかな~幻だね。
そんなコト若いママに聞いたら
「懐が深いってv-236まぁ~ね~。でも、それって旦那次第だよね~。」って答えが帰ってくる。
草食系男子(今年の流行語)が好きな強い女子達の時代で~す。

確かにジョン自身が、懐が深~い天才だから、妻が幸せなんだと私も思うな(笑)

1980年12月8日小学生だった僕は、新聞の記事と会社の元アマチュアバンドのギターリストだった父によって、ビートルズを知りました。個人的には翌日の12月9日(アメリカでは12月8日の為)を命日と考えていて僕はその日の方を大事にしています。そして忘れていないのが10日前、11月29日(日本時間30日)がジョージの命日です。

1月にそちらに初めてお邪魔して、早くも1年が経っちゃうんですね。

また来年もよろしくお願いします。

クリスマスカードありがとうございました。奥様、娘さんにも
よろしくお伝えください。

時間が会ったら遊びにきてくださいね。ここはモアフラットより都会ですよ。

大晦日、飲みすぎで捕まったりしないでくださいね~。笑
毎年ワナカは、ハチャメチャで年明けの新聞に載りますよね。
プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。