スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんじゃ、こりゃあ?

週明けの月曜日。いつも早く出勤してくれるタケからの連絡で「問題発生」との事。最初はどんな問題なのだろうと不安に感じたものの、5~6分のドライブの間に私の頭はそれを忘れてしまい、何事も無かったかのごとく店に到着。

そこで目にしたモノは・・・ なんじゃ、こりゃあ・・・ 店のド前に何かが置いてあるではありませんか しかもデッカイ 一瞬思わず何が配達されたのかと思い、こんなにコメ頼んだっけと自問自答をしながらその周りを回ってみる。休み明けだから頭がボケてんのかな~と考えたような考えなかったような、きっとパニックに陥っていたのであろうか。間もなく大工作業をしている人間を発見。 しかもターバンまいてるし 何コレと聞けば、倉庫だとの事。はてな 一体どうなってんの と首を傾げながら店に入ると、「売られたけんかは買う これは戦争だ」と怒り心頭のタケがいる。

「ジャパニーズキッチンささの木」の前にはインド料理屋があり、そこが我々の休みの週末の間に何の相談も無く勝手に倉庫をブッ建ててしまったのです。しかも店のド真ん前に それによって店の日当たりが悪くなったばかりでなく、店内で感じる圧迫感が店の雰囲気を台無しにする。更にはその倉庫が店の暖簾を隠してしまい、一元客からするとかなり分かりづらい最悪の状態。

どんな具合かといいますと、が先週まで
IMG_0978_convert_20081229044019.jpg

これが今週
IMG_1073_convert_20090225201343.jpg

奥のオレンジの暖簾が全然見えないじゃん 日当たりが悪いし圧迫感もある。何で俺らにこんな事すんの? とタケ同様に私も憤りを感じるが、第一こんなモンここに建てて良いんかい という冷静さが頭をもたげる。憤りとパニックと一部の冷静さが入り混じるなか、解決策を模索しつつ本日に至ります。ささの木二ヶ月目にして早くも危うし 今後どのような結果になるのか・・・今後の展開に乞うご期待

ホントにビックリだよ。。。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

風雲たけし城

あの番組、かなり好きでした。 海外でも知られていているようで、カナダ時代にも現地で放映されていたのを見た記憶があるし(しかも日本語だったような気がする)、こっちの葡萄畑で一緒に作業をしたドイツ人も絶賛していました。あのセットで遊びたい・・・そんな密かな思いを持ったものです。

この前の日曜日に娘のれのんと二人でワナカのビッグバウンスという施設に遊びに行って来ました。そこは子供を対象にした空気で膨らませた遊戯設備がいくつかある場所です。れのんは以前行った事があり、かなり楽しんできた様子。話を聞いてみたら何だか楽しそう 現場に着くとれのんはそそくさと遊びに走ります。
IMG_1038_convert_20090218181613.jpg娘だけでいいかと最初は思ったのですが、スタッフ曰く大人も一緒に遊んだほうが子供も楽しめるとの事。そりゃあそうだ。ならば 一緒に遊ばない手はない

IMG_1044_convert_20090218182240.jpg
はバンジーランという名前のもので、バンジージャンプの水平版と云ったところでしょうか。前に走れども後ろに引っ張るゴムの抵抗があるので、引きずり戻されます。大人のエクササイズにもいいかも。

はNZのお祭り事で必ずといって良いほど出現する空気入れ滑り台。実はいつかやってみたいと思ってたんだよね。れのんの後をついて上ると、結構怖ぇ~ 斜度も結構なもんじゃん。
IMG_1046_convert_20090218182950.jpgIMG_1047_convert_20090218183601.jpg

でも、ここで純粋な子供心(いや、馬鹿なオヤジ心か)がムズムズと・・・。この滑り台には頭から滑っちゃダメ!(DO NOT SLIDE DOWN HEAD FIRST! と大文字で)大きく書いてあるのに、このオヤジは娘とは別のレーンにいる事をいいことに、更にはこんな施設なのに他に人が居ない事もあり、いっちゃえーと当然頭から滑りました。楽しかったけど、すみませんでしたぁ。 代償は肘と足の甲のヤケドです。やっぱりダメと書いてあったらダメなんだとちょっとだけ反省。

他にいくつか数えるだけの物はあるのですが、興味を持ったのはコレ
IMG_1051_convert_20090218185406.jpgIMG_1052_convert_20090218185827.jpg
何となく思い出の風雲たけし城と重なるものがある。でも、「コレをするにはスタッフに声をかけて」と一筆が・・・。興味はあるけど一時間弱も遊んだからもういいよな なんてオヤジの声に出さない想いをスタッフが感じたのか、或いはスタッフが本当に暇だったのか、「やってみたいですか」と女神の様な声かけがありました。

「イエス、プリーズ」と即答するおっさん。ワクワクとカゴの中に入り、イスのシートベルトをかけ、両足を固定するとブログのために写真を一枚 見苦しい足でごめんなさいな。
IMG_1053_convert_20090218190903.jpgIMG_1054_convert_20090218191508.jpg
あとは大人らしく目標を目指して舵を取りながら、ヒャッホーを連発してピンに突入 よくタイミングを外す娘も空気を察してこれは外しちゃいかんと思ったのか、突入時の画像を押さえてくれました。よくやった

日本の感覚だと規模が小さいこの施設。日本の感覚で言ったら農地や土地以外この国の殆んどがそうなります。でも、小さい故に素朴さが残っているのも明らかな事実。今週末もまた娘をダシにまた行っちゃうかもね。そんなワナカなのでありました。

「だからワナカに来てごらんなさいな」と静かに主張する宿  http://www.sasanoki.co.nz



テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ビクトリアの山火事

今年の夏の天候が変てこな様子はこの前お伝えしました。2月になれば夏が来るだろうと希望を抱いてきましたが、やぁ~っぱりおかしい。とにかく湿気があるんです。そうかと思えばここ三日間は寒い。そいでその前はかなりの強風。その上今日は雨・・・。どうなってるうんだろうね。

この前の日曜日(2月8日)の天気は朝から曇りでした。雲が太陽を覆って、黄色っぽい空だったのです。それで湿気があって、何かハルマゲドンでもやってきそうな異様な雰囲気を醸し出していました。あとで聞いたところ、それはお隣の国オーストラリアのビクトリア州の山火事の煙がワナカの空も覆っていたとの事。こわ~

NZとオーストラリアの関係はとても深く、その大惨事振りは連日大きく報道されています。当局は放火の疑いもあると見て調べているとか。その放火という言葉が故意のものを意味するのか、或いはタバコの吸殻のポイ捨て等不注意も意味するのか定かでありませんが、そんな議論に発展するほどの惨状のようです。NZにとってオーストラリアは兄弟のようなもの。死者200人超とも伝えられるなか、早速ボランティアや消防隊員が援助に駆けつけています。ワナカで暑い暑いと異常気象を訴えていましたが、その温度は30度にも満たない。先週のメルボルン近く(だったかな)では47℃に達したらしくその熱波が今回の要因の一つであるのは確かでしょうが、原因はともあれ一日も早い鎮火が望まれます。それからでいいから、夏よ早く来て お願いします。

今回の山火事で亡くなられた方々のご冥福を祈ります。



テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ワナカでマグロ

山の中のワナカでマグロとは、これ如何に と思われるかも知れません。が、ここは世界の箱庭と言われるニュージーランド、何でもござれ しかも、安かろう悪かろうではございません。れっきとした新鮮なマグロでございます。

【ジャパニーズキッチンささの木】がオープンして7週間が経過しましたが、お陰様で地元のお客様には受け入れられている感があります。なかには頻繁に足を運んでくれるお客様もいて、我々としては本当に嬉しい限りです。そんなリピーターのお客様のうちの一人、トムさんが前から私に話していたマグロ釣りに今週末出かけたのです。早速土曜日だった昨日、携帯の電波も通じないような場所から電話をくれて、日曜日(今日)数匹持ってきてくれるとの事。ありがたや、ありがたや。

本人が釣り好きだと言う事もあるだろうし、釣った獲物を我々に売って小遣い稼ぎができたら更にハッピーという思惑のようです。ただ、この国の法律でその辺で釣ってきた魚を売買の対象にしてはなりません。仮に私が魚が良く釣れると云われる目の前のワナカ湖で魚を釣り上げても店で売り物にしてはなりません。漁業権の絡みだと思われます。ですので、私がトムさんからマグロを買い取ったとしても、正規のフィッシャーマンでない彼の魚で商売をしてはならないのです。

背景はどうであれ、マグロが数匹目の前にあります。食わない手はありません。彼によると昨日は9匹、今日は11匹釣り上げ、リリースして来たそうです。とりあえず3匹もらい、シェフのタケによるマグロ解体ショー開始となりました。が、さすが寿司屋。手際良く作業を進めてサクにして行きます。私はそれを眺る一方で中落ちが出るのを待ち、ハイエナのような目つきでスプーンでマグロをすくい出します。味見というかツマミ食いは当たり前。だって我慢できないんだもん。

口にした瞬間、マグロの味が口に広がりました。というか脳ミソに響きました。美味い そう言えば、マグロを最後に口にしたのはいつの事だろうか なんでこんなに長い間マグロを食べなかったのだろう そんな後悔の念がどれだけ続くのかと思うほどたくさんのマグロを頂きました。タケ曰く「マグロの夢を見ちゃうかも」だって。 今晩は早速刺身で頂きました。明日からは店の賄いもマグロ尽くしの予定です。ワナカでマグロが食べたかったら今ですよ。明日の飛行機に乗ってワナカにいらっしゃいませんか?

因みにマグロが取れる場所はワナカから車で2時間半位のウエストコーストです。山があるかと思えば海もある。なんてここは素敵な場所なんでしょう。

今日はマグロをもらいに行くのに興奮してカメラを忘れてしまいましたので画像はありません。タケのマグロ解体ショーをご案内したかったのに申し訳ないっす。次回にご期待下さいませ。

因みに今日のワナカの天気はやっぱり異常気象の表れのようです。朝から曇りで強風。それで妙に生暖か。日本の台風の前のようでした。こんなにジメジメした夏って記憶にない程湿気を感じました。早くワナカの夏が来ますように。

それでも台風は来ないうえにエアコンも必要のないワナカの宿  http://www.sasanoki.co.nz


テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

おかしい・・・

おかしい・・・今年の夏の天気です。今日から二月だと言うのにまだワナカらしいカラッとした天気になりません。 ワナカの魅力の一つに気候があります。どんな気候かというと夏は雨が降らず、毎日快晴の青空が広がり、空気が乾燥していて気持ちがよく爽やかと表現できるでしょう。去年の夏の訪れは11月中旬でした。通常ならどんなに遅くても1月上旬にはそんなワナカの夏が訪れるのですが、今年は今朝方も雨。朝晩は涼しいはずなのに、昨夜は湿気があって妙に暖か。日中も湿度があって蒸し暑さを感じます。風も強かったりするし・・・。もちろん日本と比較すると比にならない位快適で、先日いらっしゃったゲストの方は充分快適だとおっしゃっていましたが、ワナカ住人としては納得がいきません。ブーです。別にクーラーも必要なく夜もゆっくりと寝られますが一つ心配事があります。

それは、ワイン。最近は葡萄畑に足を運んでいませんが、葡萄はちゃんと育っているのかしらん と心配になります。リッポンの畑管理のチャーリーが先日二日続けてうどんを買いに来た際「畑、大丈夫?」と聞いたところ、「2月は一番暑くなる月だから大丈夫」との事。是非そうあって欲しいと願っています。当然ながら美味しいワインは葡萄から。チャーリー頑張ってね。

そんなおかしな天候のワナカの今日の様子です。 雨が上がって充分快適なんだけどね。

IMG_1013_convert_20090201081347.jpg


ついでにワナカの朝焼けもどうぞ。雲が多いでしょ。

IMG_1011_convert_20090201082733.jpg


一日も早く雲ひとつない超ド快晴続きの本来の夏が来ますように。多くのワナカ住民の願いです。

B&Bささの木 http://www.sasanoki.co.nz

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。