スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成せば成る

紆余曲折がありましたが、先週の月曜日に「Japanese Kitchen Sasanoki」を何とかオープンに漕ぎ着けました。 設備的にまだ完全な状態ではありませんがこのホリデーに間に合わせるのが最優先でしたので、これ以上文句はいってはいけません。ここまで来れた事に感謝しなければなりません。ホントにこの国にいると成せば成るものだと実感させられます。改めてワナカ及びニュージーランドに感謝です。

最初の一週間が物凄い勢いで過ぎ、体力的に問題を抱えているのであまり長くはご報告で来ませんが、画像が一番様子を伝えてくれてくれると思います。心配して下さった皆様、ありがとうございました。

IMG_0978_convert_20081229044019.jpg

一番奥が店舗です。ワナカにいらっしゃる際には是非お気軽にお立ち寄り下さい。

そして今のワナカの様子です。ホリデーシーズンの気分を盛り上げて、多くのNZ人家族が別荘に戻ってきます。

IMG_0958_convert_20081229044846.jpg

この景色も疲れた私を癒してくれました。働く環境、そして休める環境が整ったワナカはやっぱり素敵です。そんなワナカのクリスマスの風物詩です。

IMG_0886_convert_20081231210226.jpg

サンタもハッピーになれる街、ワナカへ皆さんお越し下さい。来年も宜しくお願い申し上げます。

B&Bささの木  http://www.sasanoki.co.nz/

スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

最後の詰め

搬入されるべき物が搬入されない状況が続きます。

その一つが換気扇。来る来ない来る来ない 来るならその段取りをしなければなりません。屋根に煙突を固定して雨漏りがしないようにする業者の他に、最近の規則でガスを使うには換気扇が回ってないとガスが使えないような仕組みにしなければならず電気屋も必要です。電気屋、ガス/水道屋、エンジニア(板金屋に限りなく近い)の段取りを換気扇の配達に合わせるなんて、既にクリスマスホリデーに頭が突入している彼らを相手にするのは過酷な事。でも換気扇がないと営業許可はおりません。相手になんと思われようと背に腹は変えられず、チクチクとつつきます。そのうえに雨が続きます。何でこのタイミングでこんなに雨が降るんだ~というくらいの降り様。雨が降れば換気扇の設置は晴れるまで待ちます。天は我を見放したか 絶望感が漂います。

そして水曜日。お役所チェックが入る予定の前日です。晴れました 朝からテンションを一気に上げ業者に連絡をし時間を合せて、代わる代わる業者が出入り ここ一週間位は何も進まずの状態でしたのでこの上なく嬉しい。そして、とうとう換気扇が付きました。

一安心ですが、最後にもう一つあった・・・ 大きな流しの入ったステンレスベンチ。NZ人はディッシュウオッシャーを多用する(食器の手洗いは基本的にせずに、何でもディッシュウオッシャーに突っ込みます)ので、大きいシンクという発想がないのでしょうか。こちらの業者は「デカイ」と一様に口にします。彼らの雑さゆえにディッシュウオッシャーがこれだけ普及したのか、ディッシュウオッシャーのせいで彼らの手が雑になったのか、鶏が先か卵が先かの議論に近いものがあります。この流しから油を分解するグリーストラップを介して下水菅へと続くようになっており、また衛生局の規則もあってこれがないと営業許可はおりません。先週の金曜日到着予定が作業が遅れ月曜になり、火曜日に出荷しようとしたら運送会社のトラックが荷物が一杯で引き受けてもらえず水曜もダメ なら今夜酒を飲まなくてもいいから俺がトラック野郎になってベンチを取りに行く という悲壮な覚悟までします。再び天は我を見放したか

お役所に工程の遅れを説明し、木曜の予約を金曜日の午後にズラしてもらいます。クリスマス前のオープンに当たってこれ以上ズラせないというギリギリのラインです。お役所は2つの部署が絡んでいて、ビルディング関係の部署から許可をもらってからじゃないと衛生局へ進めません。ゆっくりですが一つずつこなして行くしかありません。金曜日にビルディング部署、となると週明け月曜に衛生局が来る事になりました。開店がクリスマスホリデー突入で暖機運転が出来ないかも それでもオープンさせる事が最大の優先事項です。

木曜の午後。嗚呼、ステンレスベンチよ、お前は今日も来ないのか 絶望感をにじませて板金屋を訪れて雑談をしていた丁度その時 向こうからトラックが・・・。そしてフォークリフトによってなにやら運ばれて来るではありませんか メリークリスマス サンタさんから私へのクリスマスプレゼントです。時は木曜の午後。お役所がくるまで24時間もありません。それまでベンチを水道屋につないでもらわなければなりません。その際にガスの安全性チェックも行われます。作業を急ぎます。

無事に(というかまだ紆余曲折がありましたが面倒なので割愛します)ベンチが付いて、ガスの点検をしていたら、今度は新品のガスクッカーにガス漏れの疑いが オーマイゴッド またしても天は我を見放したか 様々な対応策が頭を廻ります。テスト結果は金曜日の朝まで持ち越し。これってお役所チェックの当日じゃん ブーだよなぁ ここまで来ると、飲んで朝を待つしかありません。とてもシラフではいられないっす。

金曜当日の朝は業者よりも早く現場に行き、心を落ち着かせつつ大工仕事をしながら検査結果を待ちます。結果は・・・・問題なしとの事。ありがとう おめでとう 前日の不安感からして、このガス屋はどこまで引っ張るんだと不信感を抱くもそんな事でもめている場合ではありません。ガス検査の他に水道検査もOKされなければなりません。その上に彼らの作業の片付け。 役人が来る二時までにあと一時間半しかありません。無口になりながらも片付けを急ぎ、二時過ぎにお役所が来た時には最低の事しかできていない状態です。あとは印象で勘弁してもらうしかありません。その上に衛生局の担当者も私の表情ににじみ出ている悲壮感に同情したのか、週明けを待たずに現われてくれたのでありました。

その結果、いつから営業していいのかとの私の問いに、いくつかの条件付きながらも営業許可は何とかおろされたのでした。 あとは営業に向けて数日で仕込みを行い開店となります。私の仕事はこれでお終いです。あとは飲むだけ・・・

綱渡りの人生も悪くはないか そんな綱渡りの数週間でしたのでワナカの画像は次回以降にアップしますね。

注: 【B&Bささの木】は綱渡りでもバンジージャンプでもなく安心してお休みいただけますのでお気軽にお越し下さいませね。http://www.sasanoki.co.nz

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

近況報告

最近ブログのアップを怠っておりました。現在綱渡りの日々を送っており、精神的及び肉体的な余裕がなくなっているせいです。今週の水曜日が山場でそれに向け調整を行っている最中なのです。水曜日まで私の計画通り行けば、クリスマス前のオープンが濃厚となりますが、それを過ぎると年明けにズレ込む可能性が強くなります。当初目標にしていた遅くても12月半ばオープンというのはかなり現実的な見通しだったのですが、やっぱりやってくれる業者がいるんですね。こいつのお陰で他の業者に無理を強いてやってもらった事が無駄になる。でも無理を強いないと何もおきませんし、コイツもベストを尽くしてくれているからここまで辿り着いていると思うと、怒りも収まる・・・いや、開店できなかったら怒りは収まりません。 なんとしてでも水曜日までには仕上げてもらわないと困る。。。 こんな様子で毎日夜も寝られずです。しかも 天気までが私に意地悪をするかの如く今日は雨まで降らせやがって 実は今日は換気扇の取り付け予定の日だったのですが、雨の日に屋根に穴を開けらると逆に困るし今日のような大雨での作業は現実的に厳しいのは理解できる。しかも明日も雨の予報 水曜を待つこと無くラストスパートは業者ではなくて天気にやられて大事な予定は週明けから遅れている私 天気ばかりはどうしようもないからねぇ 今日も飲むか

そんな自分の心配ばかりしていないで外に目を向けると最近は久々のNZ$安が目に付きます。US$に対しても円がこんなに強くなっていたのですね。昨日は米ドルが89円台だったのかな NZドルも久々に50円前半で推移していて、ちょっと前は49円だったとか けど今更円高になっても今年の年末年始にはちょっと遅すぎた感があります。日本の年末年始は国内や安近短が売れているとか・・・ こんな時に勇気を持ってNZに来ると得するのになぁ~と私は一人ごとをつぶやいています。だって今までスーパーで$20の美味しいNZワインを買うのは1800円を意味していたのが今では1000円ですよ ささの木宿泊もお二人で美味しい朝食付きでたったの9000円 二人で割ると一人当たり4500円 更にワインで酔ったオヤジの講釈がつきます。

当宿に泊まらなくてもいいからNZに来るならこれからが更に良い時期です。天候も安定しますし、是非円高を享受して下さいませ 因みに今のワナカの景色はこんなです
IMG_0852_convert_20081215193616.jpg


ささの木HP  http://www.sasanoki.co.nz/


テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

サクランボ

私はサクランボが大好きです。と言ってもお酒ほどではなく、サクランボは無ければ無いで生きていける程度の大好きです。私がアル中とかなのではなく、一粒千円とか出してまで食べなくても構わないという意味です。先ずは正しくご理解頂けましたでしょうか

ワナカから30分程南下した所にクロムウエルという街があります。そもそもはフルーツが盛んな街で、アプリコット、ナシ、リンゴ等とならんでサクランボが生産されてきました。最近はフルーツ畑がワイン用の葡萄畑に移り変わる傾向にもあります。その街であるスポーツのNZ選手権大会がありました。その名は「サクランボの種飛ばし大会」 それってスポーツじゃないでしょって思いませんか しかもオーストラリア選手権、オーストラリア/NZ選手権というのが別に存在し、それぞれにチャンピオンがいるらしい。

ルールは$2でサクランボを3粒購入し、果肉を食べてから幅2mのトラック内に種を口から飛ばしてその距離を競うと言うもの。それを守れば何回でも挑戦できます。飛ばしのスタイルも様々で、助走をつけたり、障害物を利用するツワモノも居た様子。今回のツワモノは想像するにトラックの横の建物の屋根を利用して距離を稼ごうと計算したものの、2mのトラック内に収まらずに失格だったそうな 優勝者はオーストラリアのパースで開催される大会にNZ代表として招待されます。そいつはワナカ在住の大工らしいけど、いつか会えるのが楽しみ。 それなりに組織されたスポーツなので、勝つ為にはどうするのかと思いきや、答えは三つ。

 サクランボが好きな事
 肺活量が多い事
 運がいい事

だって。 答えになってな~い 今回の優勝者(下写真左)も初めて挑戦して得た栄冠で、そもそもはカウチポテトらしい。優勝記録は11.42mだって。 更に下写真右端上がオーストラリア選手権保持者、その下がオーストラリア/NZ選手権保持者です。私もフォームを真似して今度こっそり練習してみます。
Cherry+Stone+Spitting_convert_20081209191323.jpg

その為にもクロムウエルのサクランボ狩りに早く行かなきゃ 毎年朝食ナシでサクランボ畑に行き、味見をしながら美味しい実のつく木を探しそこを重点的に攻めて、最終的に自分の取ったサクランボをキロいくらで買い取るのですが、朝食分はおろか、昼食や夕食さえもいらない位サクランボを食べちゃう。そいで翌日からも数日サクランボ三昧ですが、ウンザリすることもないということはやっぱりサクランボが好きなんでしょうね。12月半ばから1月中旬にワナカにいらっしゃるのならば是非お勧めのサクランボ狩りです。

サクランボ狩りをお勧めする宿  http://www.sasanoki.co.nz

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

カードローナ・ビンテージフェア

ワナカから車で20分程南に行くとカードローナという集落があります。今はカードローナスキー場やスノーパーク/スノーファームが有名になっていますが、そもそもは1860年代のゴールドラッシュによって栄えた地域です。当時の建築物で現在残っているのはNZで一番古いと言われる1863年に建てられたパブ「カードローナ・ホテル HPは http://www.cardronahotel.co.nz」で、当時を偲ばせるなかなか面白い場所です。飲み屋だからという理由だけで言っているのではありませんので、念のため

IMG_0862_convert_20081203133552.jpg

カードローナビレッジの人口は8年前で66人だったそうで、最近でも大きくは変わっていないと思われますが、娘の友達は二人住んでいます。そこで先週末の11月30日に1800年代をテーマにしたお祭りが催されました。それがカードローナ・ビンテージフェアで確か今年で二回目で、それらしき車も集結です。
IMG_0863_convert_20081203141722.jpg

当時の服装に身を包んで見事な人達が沢山いたのですが、その内の一人がマリオ(下左)。彼はドイツ人出身でバーバリアンのコスチュームに身を包み地元のワインを販売していました。マリオは我々をレストラン時代からサポートしてくれていて、今回も店の宣伝をかねて出店しないかと声をかけてくれたのです。その上販売しているワインもご馳走さん 店がオープンしたら好きなサーモン刺身を食べさせてあげるね。 画像右はファンキーおばちゃんのキャロル。カードローナスキー場のマスコットガールといったとこかな。ファンキーさは衰え知らず、いつも元気でスマイリーなキャロルはこの前還暦を迎えたばかりです。

  IMG_0859_convert_20081203134737.jpg   IMG_0860_convert_20081203135610.jpg

更にもう一人、Domaine Jaquiery のオーナー、マークも美味しいピノノワールご馳走さま。ワナカ/クロムウエルロード沿いに5ヘクタールの畑を持ち、全部ピノのブドウです。そもそもは飛行機のパイロットだった彼は自分のワインの宣伝のために覚えたという笑顔でポーズをとってくれました。IMG_0864_convert_20081203143953.jpg  image_home.jpg

2003年モノと2005年を頂きましたが、どちらも口一杯に広がるベリーとかすかなハーブが樽熟成によってうまく凝縮されたピノに仕上がっていました。さすがにオタゴ産ピノノワールです。こんなに美味しいのにマーケティングにおいては有名醸造元との単純比較という私も経験した悩みを抱えています。そんなに名が知れてなくても美味しいワインは沢山あって、試してみる勇気があればNZワインは裏切りませんよ。

マークのワインHP http://www.domainejaquiery.co.nz/default.htm

そんな訳で昼から美味しいピノを嗜み、シアワセな日曜となったのでありました。

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。