スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂井さん、ありがとうございました

7月30日から二泊の坂井さんご夫妻はNZ6回目のツワモノ。私がレイクフロントでレストランをしていた時代に何度か食事にお越し頂いており、今回はレストラン売却後の私どもを見つけて下さってのご予約でした。ご宿泊の方々をブログにアップするのはプライバシーの問題もあるでしょうし、物理的に私がそれを可能にできるかどうかの懸念もあるので難しいと踏んでおりましたが、今回は上述のような坂井さんとささの木間の歴史があるので、坂井さんの許可を頂いてアップさせて頂きました。

今回はアクセスの問題もありロブロイ氷河へは行って頂く事が出来ませんでしたが、次回は春か夏、初秋あたりにおいで頂くご計画を立てられるとの事。季節ごとに違う魅力のあるワナカを次回も楽しんで頂ければと思います。

坂井さん

上記の画像は二晩お取り頂いたワイン付きディナーのうち、二晩目です。ワインはソービニヨンブランとピノノワール、そして樽熟成をしたシャルドネと樽を使わないシャルドネを吟味頂きました。同じシャルドネでもハッキリと分かるスタイルの違いや、NZワインについてご案内を申し上げたのですが、お気に入りはアンカレッジのネルソン産ソービニヨンブランとトゥーパドックスのセントラルオタゴ産ピノノワールだったようです。

また飲みに来て下さいね、なんて言うと呑み屋みたいですが、私もご一緒に楽しく過ごさせて頂きました。ありがとうございました。またお会いするのを楽しみにしています。
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ワナカの冬 ささの木の冬 2

来た 今年も来た 私が仙人とお呼びする鳴海ユーキさんと久美ちゃん。トレブルコーンスキー場でモーグルレッスンを行います。

昨夜クライストチャーチからレンタカーで無事に到着し、荷物を降ろし終えたら何やら「シューシュー」と音が聞こえます。 車から 車のどこから 注意しながら近寄ると後ろのタイヤです。指をかざすと、「あっ、ここだ」 と分かる位の空気の漏れ具合。もう真っ暗なので修繕は翌日です。その日の残りの仕事は私のワインに付き合うだけの easy peasy お二人ともそんなにお酒は飲まないのに、いつもお付き合いありがとうございます。

そして今朝、早速タイヤ交換です。工具が不揃いだったりと一年振りのNZモードを痛感させられながらも無事に終了しました。仙人様、ご苦労様でした。

ワナカの冬 ささの木の冬 2

それにしても、ワナカに着いてからのパンクで良かったね。

鳴海ユーキの Improve-System のHP  http://www.improve-system.com/
ささの木のHP  http://sasanoki.co.nz

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ワナカの冬 ささの木の冬

猛暑といい、突風といい、鉄砲水といい、天候だけも危ない印象を受ける我が祖国日本を尻目に、【ささの木】は冬本番を迎えています。こちらの冬は日本の夏 -蒸し暑い、寝苦しい、息苦しい、そしてビールが美味しい(と言うか飲まないでやってられない)夏- を逃れ、雪を追い求めて雪追人達がやってきます。

先日からご宿泊になっていらっしゃるのは神奈川からの15歳のスキー少年、金子進太郎君です。聞くところによると神奈川県の強化指定選手で、神奈川を代表した今年3月のジュニアオリンピック大会のGSでは全国45位 45位ってすごいと思う。中学高校とかで全国模擬試験があって自分が全国何位だったか記憶にさえありませんが、二桁代でなかったことは確かです

まず、神奈川県の代表になる為に80人以上の選手の中でトップ5の成績を残さないと全国大会に進めないなか、進太郎は来年は全国10位内を目標に朝から夜までスキー漬けの日々。走り込み、筋トレ、滑りの分析と休む暇がありません。途中でれのんの乱入もあり大変だけど、コーチの森卓人氏を信じてワールドカップを目指して頑張れ、進太郎

ワナカの冬 ささの木の冬

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

27/7/08 ワナカは晴れ

今朝起きたら久々に雲がない。朝日を浴びてちょっとしたトレブルコーンを画像に収め一日が始まった。

26/7/08 ワナカは晴れ

久々に雲も無く青空でした。今日はスクールホリデーが終わって最初の週末、しかも天気が良いとなればスキー場は混雑が予想されます。私はいつ行くのやら

午後に街のスーパーマーケットへ買い物に行くと、上記のトレブルコーンスキー場の常連さん二人に別々に会い、その二人とも「スキー行った」かと聞いてくる。まだと言うと「お前、2004年以来の最高のコンディションだよ。寒いけど状態はかなり良いぞ」との事。

本当かい

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

薪がピンチ

私は火が好きです。 だから暖炉は数年前の建築基準方の改定後の今では許可されないサイズのデカイのを付けました。冬となれば多少暖かな日でも暖炉はつけます。だって冬だもん。(注: 超巨大というモノではありません。http://www.sasanoki.co.nz/facilities.html 参照)

暖かいのが心地よいのと火を見ていると落ち着くので、つい必要以上に薪を燃やしがちとなってしまい、気が付いたらもう殆んどにゃい いっかぁ~んと急いで友人の薪ディーラーに電話をしたが、すぐに行くよと言ってくれてから一週間以上が経過・・・。薪のストックは更に下がり、気が気でない日が続く。しつこく電話をして、そしてとうとう到着 昨日配達されました。でも完全に乾いているのは取り敢えずはこれだけ


薪がピンチだ


当面は凌げるが8月はたくさんのゲストがいらして薪を更に消費するので、明日から乾いた薪を求めて奔走します。

薪は通常冬に入ってから購入すると需要に供給が間に合わず、最悪湿って良く燃えない薪が配達されることが多いです。だから夏の間にたくさん仕入れておけば乾燥した薪を目の前に安心して冬に入れるのです。今年もそうしたんだけど、なぜか例年よりも無くなるのは超早いような気がするのは何故? シーズン前はこれの3~4倍はあったのだけど、一体どこに行ったのだろう?

それはそうと昨日の薪積み上げのせいか、今日は腰が痛い・・・



でも絶対にワインと薪は必要なだけ確保しますから、暖炉で暖まりたい方、日本未入荷のNZワインを飲みたい方は安心してお越し下さいね。
ささの木HP:http://www.sasanoki.co.nz

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

カナディアン・ロッキーのご案内

太古の昔話になりますが、私はカナダのバンフに3年間暮らしました。当時はテキーラとパンクロック浸りの生活を送っておりましたが、バンフの大自然の環境で大分健康志向になりました。初めて通ったバンフからジャスパーへの景色は今でも衝撃として憶えています。感動のあまり約300kmの全行程を吠え続けました。 その3年の間にたくさんの友人に巡り会いましたが、その内の一人、田中康一君と久々に交流する事ができました。

彼は Wintergreen Guide Tours なる自分のハイキングツアーを中心とする会社を興し、多くのお客さんをハッピーにしています。 しかも本まで出してるし。。 私もロッキーを動き回りましたが、知識は今の彼とは比較になりません。一年前に私の知り合いもお世話になりましたが、かなり大満足だった模様。田中先生の人柄と経験を考慮すると当然と言えば当然です。 その活躍ぶりは彼のブログ(http://ilovewintergreen.blog22.fc2.com/blog-date-200712.html)からも分かりますよ。次にロッキーに行く時は彼に案内をしてもらう予定です。

カナディアン・ロッキーとNZのサザンアルプスは似ているけど全然違う。その両方を味わえるなんて、私は改めて幸せ者だと思う。



Moraine Lake
モレイン・レイク



カナダに行くなら http://www.ilovewintergreen.com/index.html 
NZに行くなら http://www.sasanoki.co.nz/

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

9231km

NZに来て早いもので12年が経過する。大変な事は勿論あったけれど日本では出来なかったであろう貴重な経験をする機会に恵まれ、今ハッピーだと思える自分がいる。日本の会社を辞めてこちらに移住する決意をした時、日本の宮城に居ても、新潟に居ても北海道に居ても何処に居ても、はたまたカナダや南極、NZに居ても同じだと思えたし、今もある意味そう思える。正しい判断だったと思う。

今日は高校時代の大同窓会の日。行きたいのはだが(オヤジですまん)、B&Bが忙しい時期でもあり、ちょっと一泊でという訳にはいかずに断念した。この判断も間違っていないと思う。が、多感な高校時代を寮と言うちょっと変わった環境で過ごした仲間達が一同に会するこの会を逃したのは残念。

日本にいる家族や友人が病気の時も、ちょいと見舞いや看病にという訳にもいかぬこの距離をここ数年実感する機会が多くなってきたような気がする。自分を含め歳を取ってきたということなのだろうし、NZの首都ウェリントンと東京の距離が 9231km という事実をどうする事もできない。ならば・・・ 明日から忙しくなるから、ガソリンを入れないと気力が持たない。これから高校の同級生に思いを馳せながら一人で飲み直しをしよう タダの酒飲みオヤジだな、こりゃ

ささの木HP: http://www.sasanoki.co.nz/


テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

Anchorage Wines Sauvignon Blanc 2008

酒飲みを自負する私はワインの気取ったイメージと酔い心地の悪さからNZに来るまではワインを敬遠していました。ところが こちらでNZワインを飲んでみたら何と美味しいことか そして何と楽しい事か 宝物を大発見した気分で人生が楽しくなったんだよ~

ニュージーランドのワインが現在世界中から大注目であるのは皆さんご存知の通り。そもそもニュージーランドを世界のワイン地図に載せたのは南島の北に位置するマールボロー地方産のソービニヨンブランで、その香りと爽やかさが世界に衝撃を与えたらしい。どんなかって、それは飲んでみれば明らか。一目瞭然というか一口瞭然

ここまで振っておいて今日ここで触れるのはマールボロー産ではなく、その隣のネルソン地方のアンカレッジワインです。何故かというと、マールボロー産の派手派手のソービニヨンより少し控えめでしっかりしているネルソン産の方が日本人の口に合うと私は思うから。まるでギラギラしたハリウッド女優よりも内助の功を兼ね備えた大和撫子を好む日本人男性のように(俺だけか)シックリ感があります。ここのワインは招待された結婚式で振舞われ、我が酒飲み人生でも最も過酷な二日酔いを経験する羽目になる程飲んでしまった、それくらい美味しいワインなのです。因果関係に明確な根拠はありませんが、機会があったら飲んでみな。日本にはまだ未入荷、というか私がここのワインでいつか日本に攻勢をかけようと思っているので、いつか皆さんにご案内出来る事を期待して下さい。

2008年ビンテージは4月に収穫(NZの秋は4~5月だよ)して6月12日にボトリングしたばかり。まだ若いですが、クリーンで柑橘系の香りが魅力的でバランスの取れたワインに仕上がっています。数ヵ月後が楽しみです。

アンカレッジは自前の醸造施設を立ち上げたばかりで、今後更に大注目のワイナリーですから、どうぞご注目あれ
Anchorage Wines Sauvignon Blanc 2008
Anchorage Wines Nelson Sauvignon Blanc 2008


【B&Bささの木】のHP → http://www.sasanoki.co.nz

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

我家の犬 - BJ

昨年の11月我家に子犬が来ました。間違いなく犬派である私ですが、数年前にNZに来てすぐに飼った犬が死んだショックから立ち直るのにちょっと時間を要し、心の整理が出来たあたりでのことでした。

2007年10月1日生まれのイングリッシュポインターで、名前はBJと申します。生後10週間位の頃の様子がこれです。 (あ~、こうするとデカ過ぎない画像になるんだ! すげえ嬉しいや。
我家の犬 - BJ

白地に黒の斑点があるのでダルメシアンとよく間違われますが、口がビローンとしているのが違いかな。今は9ヶ月ですが、とにかくエネルギーがありまくりで、あちこち飛び跳ねています。忍者のように水の上を走るんだぞ。

我家の犬 - BJ


そして、今日ついに庭に設置してある灌漑用水パイプを全て食いちぎってしまいました。毎日散歩で好きなだけ走り回っているのに満足しないらしい・・・。

BJに会いたい?
【B&Bささの木】のHP → http://www.sasanoki.co.nz

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ワナカが 100 of the World’s Best Vacations 入り

少し前の話になりますが、我が街ワナカがライフ出版の 100 of the World’s Best Vacations という本で世界のベストホリデー先100選に選ばれたそうです。 カテゴリーは「ロマンティック派」。 トムクルーズの映画「Mission Impossible 3」だったかでもワナカという名前が重要な会話で使われたらしいし、世界的に有名になりつつあるのかな。

http://www.memphistravel.com/!userfiles/press/dreamdestinations.pdf

http://in.reuters.com/article/entertainmentNews/idINIndia-34048820080613?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0

ワナカを愛する者として大変嬉しい反面、有名になる事での弊害が心配です。傲慢さとかが出てこなければ良いのですが。。。 もちろん、こんな素敵な場所を世界に隠し通せるはずもなく、嬉しいような怖いような。。。複雑な気持ちです。でも、こんな景色じゃぁ無理もないか・・・・。

ワナカが 100 of the World’s Best Vacations 入り


【B&Bささの木】のHP → http://www.sasanoki.co.nz

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ワナカ湖とトレブルコーン

ワナカの7月。スキー場はオープンし学校も冬休みなので、スキー場は混雑している様子です。私は犬のBJの散歩に忙しく、まだ山へ上がっていません。その散歩中にワナカ湖へ行ったら青空をバックにTC(トレブルコーンスキー場のことね)が美しく、また湖面に、といっても湖の手前の水溜り状態のところですけど「逆さTC」があったので写真を撮りました。これは5日前の7月9日の様子です。今年は雪が多いような雰囲気を醸し出しているけど、現実は如何に・・・。

逆さTC


【B&Bささの木】のHP → http://www.sasanoki.co.nz

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。