スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールブラックスが悲願のRWC優勝

おめでとう

オールブラックスがワールドカップで悲願の優勝です。  昨夜、予想以上(想定内でもあり)のフランスの攻撃に苦しめられましたが、オールブラックスが8対7で勝利し、ワールドカップ優勝を選手、コーチ陣、そして400万人のNZ国民が勝利を祝ったのでした。決戦前の大方の予想はオールブラックス有利。準決勝の豪州戦のような戦いをすれば間違いなく勝てると言った楽勝ムードも漂いました。しかし現実は違いましたね。これが世界一を決める戦いだからなのでしょう。最初にトライを奪ったものの、そこからなかなかキックが決まらず、更にアーロン・クルーデンの怪我による退場があって不穏な空気が漂い、フランスの巧みさに苦しめられハラハラドキドキの連続。 最後の10分は祈ることも忘れ「オールブラックス、チャチャチャ」しかできない状態。これは恐らくNZの北端から南端までNZどこでも同様だったことでしょう。

そしてノーサイドのホイッスルがなった瞬間・・・・。
IMG_7760.jpg



この瞬間を長らくNZは待ちわびていたのです。87年の初大会以来優勝から遠ざかってたオールブラックスにとって最悪の悪夢と言われる前大会での準々決勝での敗退。その相手がフランスだったのですから。自国開催大会でその相手を破っての優勝。これ以上のシナリオはなかったことでしょう。それは勝ったから言える事で、負けていたらこの国は経済危機に陥いる可能性さえありました。実はそれが私がオールブラックスを本気で応援した最初の理由でした。しかし大会が進むにあたりNZにとってオールブラックスとは何なのかをNZに来て15年経った今になって本当に理解でき、同時にNZラグビーを愛するようになったような気がします。

知ったような事を書いた上で絶対に内緒と言うことでここでこっそりと白状しますが、実は以前オールブラックスが好きでなかった時期があったのです。 理由はオールブラックスの試合がある時間帯は店が暇になるから.........

なぜそこまでNZ国民がオールブラックスを支持するのか? 今回のワールドカップを通して改めて実感したことは、NZ人にとってラグビー(オールブラックス)は単なるスポーツではなく信仰なのですね。信じる事で報われるというか、人口の少ないNZでも信じて一丸となれば世界のトップになれる。そこに昔の私のような妙な資本主義の考えが入り込む余地は少なく、オールブラックスを誇りと純粋に信じる心が必要になってくる。だからオールブラックス=神という以前医者がオールブラックスを表現した図式が出てくるのでしょう。

今大会での最悪の場合の経済の停滞に対する懸念を述べました。負けたら国が機能しなくなると考えました。先週のオーストラリア戦勝利の翌日、八百屋からの配達には注文したキャベツ三つが入っていませんでした。恐らく八百屋のスタッフが間違いなく行った前夜の勝利を祝う飲み会の影響が出たのだと推測します。そこで感じたのは負けたら負けたで国民の士気が下がり国の機能停止、勝ったら勝ったで浮かれてこれまた機能停止となるのであろうということ。ならば勝ってハッピーの方が良いではないか 今日月曜日はNZは祝日なので、事態が明らかになるのは明日以降です。お~、怖っ

スポーツでは勝者が存在すれば敗者も存在します。先日の新聞のコラムに「決勝の結果がどうあろうとも勝利は謙遜をもって、敗北は威厳をもって迎えよう」という記載がありました。とても素敵な言葉だと思います。それはベストを尽くしてきた者が言うことでより説得力を持ちます。オールブラックスはそれを実践している証人のような存在。NZにとってのオールブラックスの存在意義はそのあたりにあるのだと実感しました。

時として批判を受けならも今大会の優勝をゴールと定めそれを実践してきたコーチ陣、特にグラハム・ヘンリー監督と彼が率いた今回のオールブラックスの選手達、そして世界中のオールブラックス信者に感謝の気持ちで一杯です。



今日のスタインラガービールの新聞広告のコピーは以下の通り。

「オールブラックスは優勝カップを掲げた。そして我々はビールを掲げた。その前に我々は彼らの優勝を信じた」

ならば私もビールを掲げねばなるまい。昨夜に次いで今夜も乾杯だぁ~
IMG_7774.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

よかった~

さっき最大のライバルであるオーストラリアとの準決勝が終わりました。

結果はオールブラックスの勝利です。よかったぁ 我が家で一緒に見ていた友人と大喜びでした。TVの正面にソファを置き、その前のコーヒーテーブルにオールブラックスの旗を掲げてTVのなかの選手たちにサポートを伝えます。神棚のようになってますが、やっぱり酒を飲みながらの観戦です。

IMG_7694.jpg

試合前、試合中もずーっと心臓がドキドキしてましたが、ノーサイドになってやっと落ち着きました。最初にトライを奪った今日のオールブラックスからは勝ちへの執念が感じられました。それが最後まで途切れなかったのは地元の声援のおかげもあった事でしょう。スタジアムで「日本チャチャチャ]ならぬ [All Blacks チャチャチャ」の声援はプレイ中のオールブラックスにも聞こえたはず。友人が帰る際には真夜中にもかかわらずオヤジ二人が[All Blacks チャチャチャ」を大声で連呼してましたとさ。

あとは来週の決勝戦、対フランスです。彼らはまた抜け目がないからね~。実は今日負けてたら明日は喪に服して店を閉めるつもりでおりました。 お客さんも理解してくれるはずと見込んでね。 店の連中には縁起でもないけどとその旨は伝えてましたが、これで明日は仕事です。めでたし、めでたし。 喜んで仕事をしましょうぞ。 それに備えてベッドに入ります。おやすみなさい。

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ラグビーワールドカップ

いよいよです。開幕するラグビーのワールドカップ。国中が興奮しています。

ラグビーを国技とするNZでのワールドカップ開催となれば、当然ながら国民は熱狂。この開催が決まったときは確かNZか日本かの最終案だったと記憶しています。実は国民は「日本開催だろう」くらいのテンションだったような気がする。それがNZに決まるや否や政府の政策もビジネスの事業計画も学校の休みもワールドカップを中心に組まれてきました。

9月に入ってからはさらに熱が一気に加速。 新聞の一面を飾るのは各国のNZ到着の様子やトレーニングの様子ばかり。実際にサポーターも各国からやってきていてゲーム前にホリデーを楽しんでいる。数日前もトレブルコーンスキー場へ行った際にリフトで乗り合わせた人ははるばる南アフリカからワールドカップを見に来たサポーター。遠路はるばるご苦労さんです。ラグビーとは別にその際のTCの様子がこれ。 だいぶ春です。

IMG_7609.jpg

TCついでのお話ですが、今週からカナダのモーグルナショナルチームがトレーニングにやってきました。かつて日本ナショナルチーム用に作られたシンクレアーというコースでトレーニング開始です。

IMG_7598.jpg


ラグビーに話を戻すと我が日本はオールブラックスと同じ組。 日本は元オールブラックスのジョン・カーワンのコーチングの下で新たな日本のスタイルが確立されつつあると聞きます。世界最強といわれるオールブラックに対してどのように戦うのか。まずは明日のフランスとの初戦が楽しみですね。そして、オールブラックスは地元でこれだけのプレッシャーにさらされて、祈願の優勝トロフィーを手にすることができるのか。

今夜開幕です。

これから数週間、NZは国としての機能が停止すると言っても過言ではないでしょう。NZはもう仕事どころではありません。そもそも仕事漬けにならない人達です。皆さん、ご用心のうえお楽しみに~

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

一息つかなきゃ

ふ~っ しんど

現場に出向き、業者の気分を損なわないよう気遣いをした一週間であった。

キウイ達は自分の事を世界で一番だと思っている節がある。 それが正しい方向を向いているのなら素敵な原動力となるのであるが、多少方向がずれていても彼らは自分が世界で一番と信じているので、そんな自分がおかしな方向へ行くとはこれっぽっちも考えていない。少しずれていようと大幅にずれていようと彼らは自分の信じる道を進むのみ。そりゃそうです。自分が正しいのだから。  困るのが明らかに違った方向へ向いているとこちら側が思った時 自分が正しいのだからこっちが何を言おうと聞き入れることができない。耳からは入っているのだろうが、潜在意識がそれを否定してしまう。  それを正そうとすると違った方向は更にずれていく・・・。  そんな悪循環に陥らないために今私が出来る唯一の事は事前に物事が違う方向へ向かないようにすること。そこに全力を尽くすこと。ビールを差し入れすること。日本の接待とどう違うんだろうね

そんな努力が報われ、先週の頭痛の種だった洗面台は無事に到着。  ご丁寧にもGの店からは入荷次第すぐに連絡を頂きました。ありがとう。 これで彼らは「ブルーノ(注:一部で私はブルーノと呼ばれている)の為に俺は世界でサイコーの仕事をしてあげたぜベイベー」とか思ってるはず。当然最初に何があったのかなんてのは記憶には留まっていない。そんなやっかいな記憶があると自分が世界で一番と信じるのに支障をきたすから。そんな記憶は不必要。

日本では「先ず謝りなさい」と教えられてきました。日本には謙譲の美徳が存在します。自分が一歩下がって相手を立て、そこに信頼関係が生まれます。たぶん・・・ 片やいつも自分が世界で一番正しいと信じている人達、方やいつも反省する事を求められている人達。これが日本が外交で強くなれない理由ではないか やれどもやれども、「もっと良いモノをを作らねば」と思い、「どうすればもっと効率的になるか」を模索する事を求められる日本との明らかな違い。反省し続けて日本は世界に誇る品質を確立しました。それでも「もっともっと・・・・・」ときりがないのでしょうが・・・。キウイにとって反省とは自己否定に近いのではないかとさえ思えます。だから品質は5年経っても10年経ってもさほど向上しません。自分を否定してしまえばそんな自分から良いモノができるはずがないではないか・・・ 今自分がハッピーなんだから、それ以上何を求めるのか

こんな難しい事を書くつもりではなかったのですが、やっぱり疲れてるのかなぁ・・・。何度も頭を抱えたからなぁ・・・。頭に手をやると「あれっ、前髪の生え際があああああ、こんなところにあるううううう」 とショックを受ける。そんな心の痛手を負っても、こんな環境があれば立ち直れる。沈む太陽の一線が美しかったのです。
IMG_7422.jpg

現場に早く行くから久々に早起きするのですが、朝日がきれい。
IMG_7431.jpg

この通りトレブルコーン・スキー場も白くなってきましたよ。
IMG_7426.jpg

それに伴い黄葉の秋はいよいよおしまいです。
IMG_7429.jpg


今日の私の姿勢がNZ人に対して否定的に響いたとしたら、それは私の意図するところではありません。何事もそうでしょうが、人々の人生も単純比較はできません。人それぞれ、国民それぞれ。良い事は学んでいきましょう。 

NZ人に支えられながら開店まであと何日

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

宝くじ

昨日宝くじを買いました。

クライストチャーチ地震に次いで来た東日本大震災とやらの影響で大分滅入ってきていたところ数日前にまたこの期に及んでまだ来るか このクソ余震でイライラが加速。こちらに居ても心がこんなに痛むのに日本で生活が脅かされ、余震等で心が休まることなく精神的な苦痛は大変なものと想像します。この地に居ながらにしてそんな事を案じると更に心が痛み、まさに悪循環の極みです。この怒りをどこにぶつけたら良いのやら・・・・

NZもクライストチャーチ地震からの立ち直りに向けて頑張っていますが、そんな時に宝くじの懸賞額が NZ$34,000,000- となったとかで巷では「お前はもう買ったか」という会話があちこちで聞こえました。サーティフォーミリオンダラーですよ。

何か最近すっきりしてないし、夢でも買いに行くべかなぁ・・・と店をほったらかしぶらりと近くの店まで宝くじを買いに行ったのが土曜日。昨日の事です。くじ引きは昨日の夜だったのですが、そのくじ引きの放映時は当然ながら飲んだくれ いや、クライストチャーチからの避難民となった友人との夕食会だったので宝くじの事まで頭が回らず、今日も一日 $34ミリオンダラーの夢を温めました。結果を知りたいような知りたくないような、$34ミリオンが欲しい様な欲しくないような、あったら嬉しいのか困るのか・・・、はたまた夢をいつまでも大事にしたいような・・・。

皆さんならどうします 

3月決算のメドも立ったし、私は引き続きワインを飲んで床につくとします。おやすみなさい。

いや、寝ちゃう前に久々にワナカをご案内しなくちゃね。秋が深まり、かなりキレイです。家の近くのペンリス・ビーチ
IMG_7339.jpg

その脇の落ち葉が敷き詰めれている林 昨日娘不在ながらも彼女のお友達と一緒に犬の散歩に行った際の様子です。
IMG_7338.jpg

 この通り元気にしております。
IMG_7326.jpg

そして我が家の夜はこのように更けていきます。
IMG_7344.jpg

IMG_7345.jpg

おやすみなさい。そして、どうぞ遊びに来て下さい。日本とクライストチャーチの被災した方々が一日も早く通常の生活に戻れますように。

それから、私は東北弁のネイティブスピーカーですが、上述のどこかのように文字にするとフツーになっちゃうのが寂しいですね。最近実家と電話したりでスピーキングがかなり戻ってます。

いづがこっつでみんなさおすえでやりでぇっちゃなあ。ほぬほぬ・・・。んではな

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

ささの木

Author:ささの木
ワナカの様子を少しでも知って頂ければと思い、筆不精の酒飲みが奮起致しました。ワナカの空気を感じて下さい。
www.sasanoki.co.nz

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。